ごあいさつ

日頃より日本医師会の活動にご理解、ご協力を賜り感謝申し上げます。
さて、わが国で1000万人と言われる糖尿病が強く疑われる人に対して、初期の段階から医療機関で最適な診療を行うことは、糖尿病重症化を防ぐために極めて重要であります。日本医師会では、「かかりつけ医機能研修」などかかりつけ医支援を目的とした事業を数多く実施しておりますが、この度、かかりつけ医に糖尿病診療に資する情報提供を行い、最適治療を推進するため、「日本医師会 かかりつけ医 糖尿病データベース研究事業(J-DOME)」を実施することとなりました。全国ベースで診療所や中小病院を中心とした医療機関の診療データを収集活用する初めての試みです。

具体的には、かかりつけ医の先生方の糖尿病患者さんの診療情報を一部ご登録いただき、症例データベースを構築し、それらを用いて日常診療に生かす分析研究と効果的治療のための観察研究を行います。今後、日本糖尿病対策推進会議の協力のもとに普及を図り、病院の糖尿病患者を対象とするJ-DREAMS(診療録直結型全国糖尿病データベース事業)との連携をはかって行く予定です。医療情報の利活用による効果的糖尿病治療を目指す本研究事業についてご理解いただき、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

日本医師会 会長
横倉 義武